黒わんこのTeddy&茶わんこのBrownieとMiyaママ&YukiパパのMontréal生活について気の向くままに書いています


by chawanko_part2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

子どもに負けた・・・

何が負けたかって?



私の妊娠中、パートナーに「アレルギーだか風邪だかわからない」症状が出ていてもせいぜいアレルギーの薬を飲む程度だったのに、子どもが生まれたとたんに「アレルギーだと思うけれど風邪だといけないからマスクしようと思うんだけれど、マスクって家にあったっけ?」なんて言う。


負けた・・・・・。



いや、いいんですよ、子煩悩で。


ここまでパートナーのおかげで随分助かっていますもの。

例えば、4月から仕事に行き始めたのですが、通勤の復路がずっと上り坂なので、出産2か月くらい前からは往路は徒歩(その後朝も脳貧血になるためバス利用でした)、復路はバス利用していたのです。バスは30分に1本なので、5時半に仕事を終えても帰宅は6時半。夕食をそれから作っていたら当然食べるのが遅くなってしまうのですが、パートナーが仕事を早めに切り上げて夕食の大部分を作ってくれていました。
臨月での台所での立仕事は腰痛もあり大変だったので、これは非常にありがたいことでした。
ちなみに、食後の食器洗いは結婚後に一緒に住むようになって以来ずっとパートナーがやってくれています。


そして、子どもの出産後はというと・・・・

・退院直後、夜子どもが泣いているのにベッドから私が起き上がるのに時間がかかっていたとき、子どもをクリブから私のところまで連れてきてくれる

・夜中、母乳が足りなかった時にフォーミュラ(ミルク)を準備してくれる

・哺乳瓶の洗浄・消毒(電子レンジ利用)をしておいてくれる

・おむつ交換の時にオムツやお尻拭きを用意してくれる

などなど、私が言わなくても色々とやってくれるのでとても助かります。


子どものこと以外では、私の手が子どもでふさがっていることが多いので犬のトイレの始末なども母と二人でほとんどやってくれています。


一般的な日本人男性よりはかなり育児などに協力的なパートナーで本当に助かります。

ということで、子どもに負けてもいいんです。はい。
[PR]
by chawanko_part2 | 2008-08-30 16:40 | 日常